VSC(ボランティア・市民活動支援センター)

2022.06.01

【学生スタッフ】青空の下で響く子どもたちの笑い声

こんにちは、VSC学生スタッフです。私たちは4月10日に群馬県立観音山ファミリーパークの交流室を借用し、子どもたちが遊べる交流イベントを開催しました。晴れて天気も良く、あたたい太陽の下で春を感じた気持ちの良い日でした。日曜日だったので、ファミリーパークは朝から高齢者の方々が運動をしていたり、お子さん連れの家族が遊びに来るなど、多くの方でにぎわっていました。活動の準備をしているとき、外で遊んでいる子どもたちを見てとてもわくわくしました。

準備が整い、10時に活動を開始させていただきました!遊びの内容は「輪投げ」です。こんにちは~こちらで輪投げができますよ~、一緒にやりませんか~。参加したメンバーが外で呼びかけを行うと、興味を持ってくださったお子さんやそのお父さんお母さんが集まって来てくださいました。とてもうれしくなりました。輪投げには2歳くらいから小学生くらいまで、幅広い年代の子どもたちが参加してくれて、私たちは多くの子どもたちと交流することができました。輪投げを楽しんでもらった子どもたちは、帰りに学生が折った折り紙と可愛いスタンプをもらうことができます。もらった子どもたちがうれしそうに、笑顔で手を振ってくれました。

私は子どもと関わる機会が今までゼロに等しかったので、最初うまく関われるかなど緊張していました。しかし、普段は行わないこのような活動のなかで、たくさん笑い、小さな子どもたちと一緒に遊ぶことは新鮮で、とても幸せな時間を過ごせました!いろんな子どたちと出会いました。来てくれた子どもの中には、しっかりした話し方の子どももいて、少し驚いたりしました。そして、みんな輪投げが上手で笑顔がかわいい子どもたちだったので、とても癒されました。輪投げをしたことがなかったので私も一緒に輪投げを楽しんでいました。

今後、この会場を利用して、1か月に1回、子どもたちに楽しんでもらう企画を提供していく予定です。子どもたちを連れて遊びに来たご家族のみなさん、観音山ファミリーパークに来ていただいたとき、活動を見かけたらぜひお立ち寄りください。新しい学生ボランティアも参加してもらいます。この投稿を見てくださった学生のみなさん、子どもたちと一緒に遊んでみませんか?私たちと一緒に楽しみましょう!(文責:医療情報学科3年 白石美音)

館長さんとともに記念撮影