国際交流センター

2022.05.26

Global Café 世界とつながる”はじめの一歩”

本学では外国人ゲストを招いて英語でコミュニケーションするグローバルカフェを週に1回行っていますが、5月20日(金)に、特別編として、JICA青年海外協力隊でバングラデシュ、ジンバブエ派遣の経験をお持ちで、前橋市議会議員として活躍されている佐藤祥平氏を招いて交流事業を行いました。参加者はアジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを出身とする留学生他、県内在住外国籍の方々13名、本学学生17名、健大高崎高校生1名と関係者総勢44名でした。前半は佐藤氏の海外での体験から、異文化に身を置いた際どんなことに気づき何をしたのか、人との距離感で大切なことは何か等、スライドの写真を交えてお話しいただきました。その後、参加者同士のワークショップで、グループ毎に英語や、日本語、ボディランゲージと意思疎通の道具は様々ながら、自己紹介のほか、自分の夢や思いを伝えあいました。後半はピンポン玉等、道具を使って少し身体を動かしながらゲームを行いました。賞品の用意もあり、グループ毎の競い合いに皆のまなざしも真剣です。はじめは緊張気味だった参加者もしまいにはすっかり打ち解け、笑いや励ましの声がけ、拍手と大変な盛り上がりであっという間の二時間がお開きとなりました。Onlineやソーシャルデイスタンス等、人との距離を取らざるを得ない昨今ではありますが、対面で交流することの楽しさを皆が再認識した時間でした。この事業での気づきをきっかけとして、参加者各人ができることを模索し、世界に目を向けながら自己の夢を目指して果敢に進んでいってほしいと思います。

事業遂行にあたり、計画の段からご尽力くださった佐藤氏をはじめとし、関わってくださった全ての方々に感謝いたします。

On Friday, May 20th, we invited Mr. Shohei Sato, who is a Maebashi City Council member and has experience as a JICA Japan Overseas Cooperation Volunteer in Bangladesh and Zimbabwe, to the Global Café as a special event guest. Participants included foreign students from Asia, America, Europe, and Africa, 13 foreign residents of Gunma Prefecture, 17 students from our university, and one high school student, for a total of 44 people. At first, Mr. Sato talked about his experiences overseas, including what he noticed and did when he was in a different culture, and what was important in terms of distance from others, using slides of pictures. After that, a workshop was held among the participants, where each group introduced themselves and shared their dreams and thoughts with each other, using English, Japanese, and body language as the tools of communication. Next, participants played a game using ping pong balls and other tools. There were prizes, and everyone competed to their best while having fun, as each group competed against each other. The two hours passed in a blink of an eye, and the participants, who had been a bit nervous at first, were all at ease by the end, laughing, encouraging each other, and applauding. We all reaffirmed the joy of face-to-face interaction. I hope that the awareness gained from this event will inspire each participant to explore what he or she can do, and to boldly pursue his or her own dreams while keeping an eye on the world. I would like to express my gratitude to Mr. Sato and all those who were involved in the planning and execution of this project.

佐藤氏の体験談とワークショップ
私の夢が叶ったら、、
ピンポン玉を使ってゲーム
賞品をゲットしました!
参加者皆のスマイル